home > cities > ワインハイム > グリムの住居と「大公の間」

グリムの住居と「大公の間」  

Wohnhaus mit "Fürstenzimmer"

「白雪姫」をドイツ語で初めて編纂したグリムが住んだ家

メーアスブルク城

教育者、作家、政治家のアルベルト・ルートヴィッヒ・グリム(1786~1872)は、オーバートーア通りとミッテルガッセの角の家に1818~1838年まで住んでいた。

グリム兄弟とは親戚ではないが、童話「白雪姫」をドイツ語で編纂して初めて発表した。2階の大公の間は豊かな漆喰装飾を施した18世紀末当時のままに保たれている。1795年に大公フリードリッヒ・ツー・シュヴァルツェンベルクが亡くなった部屋だ。大理石の墓碑銘は向かいの聖ラウレンティウス教会にある。

 

 

【関連スポット】

 

  • 旧教の聖ラウレンティウス教会

 

マップ

関連動画

公式動画 【NEW!!!】
『白雪姫の生まれた街?! “ふたつの城の街”ワインハイム』編

内にてグリムの住居と「大公の間」を紹介しています。