home > cities > テュービンゲン > ノンネンハウス

ノンネンハウス Nonnenhaus

「ドイツ植物学の父」が暮らした建物

ノンネンハウス Nonnenhaus

15世紀後半に建てられたペギン会の修道院。

多くの修道女が慈善活動に身を捧げながらここに暮らした。

宗教改革によって修道院が解散となったのちは、1535年からテュービンゲン大学に招かれた医師のレオンハルト・フックスが移り住んだ。

彼は、「ドイツ植物学の父」とも呼ばれ、建物の隣には現在の「テュービンゲン植物園」のもととなった薬草園を造った。

また、1542年には500種の植物のイラストを掲載し、薬効などを解説した『植物誌』を刊行したことでも知られる。

翌年にはドイツ語版『新植物誌』も出版。鮮やかな赤い花を付けるフクシアは、フックスにちなんで名づけられた。

現在は、当時のママに修復したのち、店舗と住宅になっている。

 

【関連スポット】

 

マップ

その他の情報

WHAT'S NEW?
ソーシャルメディアからの最新情報
CONTACTS

Tourismus Marketing GmbH

Baden-Württemberg

Esslinger Strasse 8 70182 Stuttgart

Tel. +49(0) 711 / 23 85 80

Fax +49(0) 711 / 23 85 8-99 または 98

Internet : http://www.southwest-germany.jp

※日本語応対可能

 

Mail: info@fantastische-strasse.de

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • YouTubeの - ホワイト丸
1

最新情報

遅まきながら新しくTwitter「南ドイツ観光案内所」

 

@SGermanyUVGuide を開設致しました!

Twitterページはこちら

Instagram「南ドイツ観光案内所 southgermany_visitorsguide」を開設しました。

南西ドイツ、南ドイツの最新情報、景色や観光スポットの写真等を紹介しています。

instagramページはこちら

LINK

© 2017 All Rights Reserved Tourismus Marketing GmbH Baden-Wuerttemberg